コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶説 とうせつ Tao-shuo

2件 の用語解説(陶説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶説
とうせつ
Tao-shuo

中国,清の朱 琰 (しゅえん) 著の陶芸書。6巻。巻1は清初から乾隆時代にいたる景徳鎮窯の歴史と技法,巻2は古窯,巻3は明代の景徳鎮窯の歴史と技法,巻4は古代~六朝時代の古陶磁評論,巻5は唐~元代の古陶磁評論,巻6は明代の陶磁評論となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうせつ【陶説 Táo shuō】

中国,清朝の陶器書。1774年(乾隆39)に朱琰(しゆえん)が著し,全6巻からなる。巻一は清朝の景徳鎮陶磁史,巻二は唐・五代・宋の越州窯,竜泉窯,定窯などの諸窯を,巻三は明代の景徳鎮陶磁史,巻四~六は古代から唐・宋・元・明の陶磁について詳述している。日本では青木木米が1835年(天保6)に翻刻し,欧米でも中国陶磁史の基本文献として研究されている。最近では尾崎洵盛の《陶説注解》が詳細な注を加えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陶説の関連キーワード紫禁城清朝旗兵三希リヤドロ半磁器古月軒清朝の満州語公文書壺中天避暑山荘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone