コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛西因是 かさい いんぜ

4件 の用語解説(葛西因是の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

葛西因是

儒学者。名は質、字は休文、因是は号。大阪生江戸住。平沢旭山・林述斎に師事する。古註学派。昌平黌講官を務める。村田春海と親交があった。著書に『通俗唐詩解』『老子輻注』等がある。文政6年(1823)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛西因是 かさい-いんぜ

1764-1823 江戸時代後期の儒者。
明和元年生まれ。江戸で平沢旭山(きょくざん)にまなぶ。ついで林家の門にはいり,昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。のち近江(おうみ)膳所(ぜぜ)・石見(いわみ)浜田の両藩にまねかれる。詩文にすぐれ,その著作は梁川(やながわ)星巌に影響をあたえた。文政6年4月9日死去。60歳。大坂出身。名は質。字(あざな)は休文。通称は健蔵。著作に「通俗唐詩解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

葛西因是

没年:文政6.4.6(1823.5.16)
生年:明和1(1764)
江戸中・後期の儒学者,詩文家。名は質,字は休文,通称は健蔵,因是道人と号す。大坂に生まれ,江戸に長じる。平沢旭山や林家に学んで儒として立ち,膳所や浜田の大名から優遇された。人となり世を睥睨したような狷介さ,弁舌の巧みさは学にも顕れ,新説奇説に富む。自ら好んだ老荘思想を孔子,孟子と揆一に考え「字句にとらわれた後世の学者ほど真意を解さざるゆえに老荘を異端と称するのだ」と喝破し,『老子輻註』『荘子神解』などを著した。『大学弁錦』『中庸弁錦』も流布する。その一種風格を存した漢文が喜ばれたが,詩論においても宋詩風を尊奉することの多い朱子学者の中にあって唐詩格調詩に理解を示すといった柔軟性があった。

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かさいいんぜ【葛西因是】

1764~1823) 江戸後期の儒学者・文章家。大坂の人。名は質、字あざなは休文。林述斎門人。著「因是文稿」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛西因是の関連キーワード大典蕉中亀井幻庵漢儒菅恥庵桐生朝陽高橋一庵中西雰岳茂呂鼇岳由良箕山吉田鵞湖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone