コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越州窯 えっしゅうよう Yue-zhou-yao

6件 の用語解説(越州窯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越州窯
えっしゅうよう
Yue-zhou-yao

中国,浙江省を中心に発達した東洋最古の磁窯,およびそこで産した青磁。越磁と呼ばれる。この地方は古く越国と称したのでこの名がある。起源は漢代末で,1930年以来,杭州一帯で徳清窯,九厳窯,福建の南台窯など漢,六朝時代の窯址が発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えっしゅう‐よう〔ヱツシウエウ〕【越州窯】

中国、浙江省北部(古くは越)を中心に栄えた古青磁窯。後漢代に始まり、特に晩唐から五代にかけて秘色(ひそく)とよばれるすぐれた青磁を製したが、北宋代には衰退。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

越州窯【えっしゅうよう】

中国で古く越と呼ばれた地域にある青磁窯。浙江省を中心として,徳清,上董,九巌,紹興,上虞,余姚,呉興など,漢から宋代の窯が多数発見されている。とくに唐〜五代には渋いオリーブ色青磁の優品を盛んに焼成した。
→関連項目印花文

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えっしゅうよう【越州窯 Yuè zhōu yáo】

中国の越の地方(浙江省を中心にした地方)の青磁窯の総称。越州窯の古窯址は江蘇省の南部から福建省の北部まで広がっている。浙江省蕭山県,紹興市には前7~前5世紀の灰釉陶窯が20ヵ所ほど発見されており,浙江省は以来,中国の代表的な窯業地となった。そのうち越州窯は1000年以上にわたって長く活動し,中国陶磁史の骨格を形成した窯であった。越州窯の開窯は後漢時代の1世紀ころであり,寧波(ニンポー)市,上虞県の窯で青磁・黒磁が焼造されはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えっしゅうよう【越州窯】

中国、浙江せつこう省(古くは越州)を中心に、後漢代から北宋代まで続いた窯。特に、晩唐から五代にかけて優れた青磁を製した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越州窯
えっしゅうよう

中国を代表する青磁窯(せいじよう)の一つ。窯址(ようし)は浙江(せっこう)省北部一帯に広く発見されており、この地方が戦国時代の越(えつ)の国に属するところから越州窯の名が冠せられた。その起源は春秋戦国時代にさかのぼると推測されており、浙江省蕭山(しょうざん)県、紹興県に初期の灰釉陶(かいゆうとう)を焼いた窯が二十数か所確認されている。その後、後漢(ごかん)時代の1世紀になって急速に陶技を高めて、青磁とよびうる磁器を焼造し始め、その窯趾は寧波(ニンポー)市や上虞(じょうぐ)県に発見された。後漢ののち、三国時代を経て西晋(せいしん)時代の3世紀末になると青磁は完熟した。東晋から六朝(りくちょう)後期にかけては作陶は緩やかな下降線をたどって隋唐(ずいとう)時代の低迷期に入る。中唐以後、9世紀になると新生越州窯が台頭し、五代時代には「秘色(ひそく)」と貴ばれた絶妙高雅な青磁が創作されたが、11世紀中葉には青磁造りの主導は浙江省南部におこった竜泉窯にとってかわられた。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の越州窯の言及

【古越磁】より

…中国浙江省にひらかれた越州窯のうち,古い時期の製品をさし,具体的には後漢から盛唐にかかる1世紀から8世紀の間につくられた越磁である。後漢の窯は浙江省北部の海岸沿いに,寧波(ニンポー)市,上虞県に発見され,西晋時代になると窯は紹興市,鄞(ぎん)県,余姚(よよう)県,慈渓県,余杭県から江蘇省の宜興市にひろがり,飛躍的に窯が拡散していった。…

【青磁】より

… 隋・唐時代の青磁生産の実態は明らかではなく,8世紀末の晩唐・五代になると浙江省杭州を中心として青磁の生産が再び活発となる。これを〈越州窯青磁〉と呼んでいる。オリーブ・グリーンの深い釉色をたたえ,素文,花鳥や雲鶴,波濤などの文様を針彫りの細い線で描いている。…

【陶磁器】より

…或いは邢州を越州の上におくが,決してそうではない〉と唐代の名窯を紹介している。越州窯は浙江省杭州市,鼎州窯は陝西省銅川市,婺州窯は浙江省金華県で越州窯系,岳州窯は湖南省長沙付近の青磁窯,寿州窯は安徽省寿県,洪州窯は江西省の豊城県で,いずれも窯址が確認されている。なかでも近年最大の成果は,唐白磁の名窯窯址が河北省臨城県で発見されたことである。…

※「越州窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

越州窯の関連キーワードイルドフランス艾青京間戴進越鳥関東唐土外国人の地方参政権問題地方志両浙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越州窯の関連情報