コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸上機 リクジョウキ

3件 の用語解説(陸上機の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りくじょう‐き〔リクジヤウ‐〕【陸上機】

陸上で離着陸する飛行機。陸上飛行機。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りくじょうき【陸上機】

地上で離着陸する飛行機。陸上飛行機。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸上機
りくじょうき
landplane

陸上に設けた飛行場から発着するようにつくられた航空機。離着陸には車輪を用いるが、グライダーやごく特殊な飛行機では離陸に台車dollyを用いて離昇後切り離し、着陸にはそりskidを使うこともある。初期の飛行機ではまだ車輪ブレーキが実用化されてなく、尾部につけたそりがブレーキの役目をしていた。しかし、飛行機の速度の増大に伴って離着陸速度が速くなり、離着陸距離も長くなって、そりによるブレーキングでは当時の建設技術でつくられた狭い飛行場への発着が困難になってきた。したがって、空気抵抗は大きいが静かな広い水面さえあれば離着水の距離に制約の少ない水上機のほうが、最大速度を速くすることができた(1928)。しかし、車輪ブレーキの発達や可変ピッチプロペラの実用化、フラップなど高揚力装置の開発、引込み脚の採用、広い飛行場の建設などによって陸上機の性能は飛躍的に向上し、1938年には最大速度が水上機を追い越すことに成功した。いずれにせよ、空中では無用の長物といえる着陸装置の処理は、固定脚、引込み脚どちらにしても陸上機設計上の難問題の一つとなっている。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸上機の関連キーワード滑走路短距離離着陸機セスナ紙飛行機乗機水上飛行機タッチアンドゴー離着陸僚機高翼飛行機

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸上機の関連情報