コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸王学派 りくおうがくは

大辞林 第三版の解説

りくおうがくは【陸王学派】

南宋の陸九淵と明の王陽明の学問傾向を受け継ぐ学派。陸九淵が主知主義的な朱熹しゆきの格物窮理を批判して心即理を説いたのを、王陽明が尊重して、主体的実践を重視する陽明学を築いたので、両者が並称される。 → 陽明学

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陸王学派の関連キーワード陸九淵・陸九渕楠本 正継性理学王陽明陽明学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android