コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心即理 しんそくりXin-ji-li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心即理
しんそくり
Xin-ji-li

中国,南宋の儒者陸象山によって唱えられ,明の王陽明に引継がれた学説。陸象山と同時代の朱子が,張載 (ちょうさい) の言葉を基にして心を性と情とに分け,さらにその性を程頤 (ていい) の「性即理」に結びつけたのに対し,陸象山は心を分けずに,あくまでも心そのままをとした。これは心の動きと天地の生々の一体観をきわめて直接的な形で示したもので,ともすれば静的な分析にこだわりすぎ,心のもつ活力の全体的把握に欠ける朱子学に対する批判となるものであった。のちに王陽明は,その「万物一体の仁」の思想を基調にした「知行合一」「致良知」などの主張と一貫させ,この説の完成をもたらした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐そく‐り【心即理】

中国哲学で、心そのものを道徳的行為の原則(理)とみる学説。陽明学の主要な命題。朱熹(しゅき)が心を性と情の2要素に分け、性を理としたのに対し、心と性とを峻別(しゅんべつ)せず、心そのものが理に合致すると考えた陸九淵(りくきゅうえん)にはじまる考え方。→性即理

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんそくり【心即理 xīn jí lǐ】

中国哲学の用語。言葉としては,北宋の契嵩(かいすう)や程頤(伊川)も使用しているが,特定の哲学的立場を象徴的に明示するためにとくに心即理と表現したのは南宋の陸九淵(象山)である。朱熹の性即理に対する反措定として主張したのである。明代になって王守仁(陽明)が,朱子学の性即理説に疑念をいだいて懊悩したあげくに,独自の哲学的立場を大悟し,それを心即理説と表現して思想界に問題提起し,陸象山心学の復権をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんそくり【心即理】

陽明学の主要命題の一。心と理(道徳的準則)とを二分して考えない陽明学で、心の本来のあり方が理に合致している、心を離れては理が存在しないという二つの観点から、心を理に合致せしめよ、心の外に理を求めるな、と主張したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心即理
しんそくり

陸王(りくおう)学の命題。朱子学では、心は、性(理)と情(気)との両面を含み、その情(欲)に起因する悪への可能性をもつ、とみなされる。したがって、性(理)と心とは厳密に区別され、性即理説が主張される。それに対し、陸象山(りくしょうざん)は、心の本質的なあり方を重視し、心を理そのものと一体になったものととらえて、心即理説を主張する。この場合の心は、朱子学でいう性にほぼ妥当することになり、性即理説と重なる部分をもつ。王陽明は、物の理とわが心とが一致しないことに悩み、心の働きそのものが理にかなうことを要請して、それを心即理と名づけた。朱子学が、心の外のすべての事物にも理が内在しているとし、窮理を重んじた結果、心外にある事物の理を追究していることに、王陽明は反対したのである。王陽明のいう理は、事物の存在の根拠としての理を含まず、行為の倫理的規範としての理を意味している。[杉山寛行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の心即理の言及

【性即理】より

…性即理説はこのような厳しい人間観に立脚して発せられたもので,それは裏側から言えば,情は理と認めないという立場であった。これと鋭く対立するのが陸九淵(象山(しようざん))と王守仁(陽明)の心即理説である。すでに北宋時代,程伊川の兄の程顥(こう)(明道)によって気即理説が提起され,あるがままの人間性が天理とされたが,朱子の論敵陸象山は,心に性・情,天理・人欲といった分析を加えることを拒み,生き生きと活動するその渾然たる全体を理とした。…

【中国思想】より

…朱子は人間の心はそのままでは不完全であるとし,これを完全にするためには読書によって心外の理を究める必要があるとした。これに対して陸象山は,人間の心は完全な理を備えたものとする〈心即理〉の説を唱え,読書などによって外物の理を追求することは,本を忘れて末に走るものだと非難した。陸象山の立場は純粋主観主義であり,唯心論である。…

【陸九淵】より

…53歳のとき,湖北省の荆門軍へ知事として赴任したが,翌年,その宿痾(しゆくあ)であった肺結核のために任地で没した。 彼は朱熹のように〈心〉に分析を加えず,その生き生きとはたらく当体をただちに〈理〉とみなし(心即理),後天的にこびりついた利欲を除去して〈本心〉の輝きを回復せよと説いた。したがってその修養法は,朱熹のいう読書を主とする〈窮理〉のような,煩瑣(はんさ)な手続きを必要としない〈易簡〉なものであった。…

※「心即理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

心即理の関連キーワード心学(中国思想)陸九淵・陸九渕陸王学派陳献章性理学伝習録陸王学唯心論儒教準則楊簡良知

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android