陽暦(読み)ようれき

精選版 日本国語大辞典「陽暦」の解説

よう‐れき ヤウ‥【陽暦】

〘名〙 地球太陽のまわりを一回転する時間を一年とする。一年を三六五日とし、また、四年に一度閏年をおいて三六六日とする。太陽暦。⇔陰暦
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「陽暦を捨て陰暦を取る者は倒(さかさま)に地天と称するに異ならず」 〔通雅‐釈語〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android