隆観(読み)りゅうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆観 りゅうかん

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
新羅(しらぎ)(朝鮮)の僧行心(ぎょうしん)の子。朱鳥元年(686)大津皇子の謀反にくわわり,父とともに飛騨(ひだ)に流されたらしい。大宝2年ゆるされ,3年学問,技術と算道,暦術を評価されて還俗(げんぞく)させられた。本姓は金(こん)。名は財(たから)。神亀(じんき)元年に国看(くにみ)氏となった金宅良と同一人か。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android