隆遍(1)(読み)りゅうへん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆遍(1) りゅうへん

1145-1206* 平安後期-鎌倉時代の僧。
久安元年生まれ。藤原経房(つねふさ)の弟。真言宗。仁和寺(にんなじ)慈尊院の尭真(ぎょうしん)に師事し,保寿院の覚成(かくぜい)に灌頂(かんじょう)をうける。大僧都(そうず),法印となり,元久2年東寺三長者。元久2年12月17日死去。61歳。通称は弁法印,慈尊院法印。著作に「諸尊法目録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android