隆遍(1)(読み)りゅうへん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆遍(1) りゅうへん

1145-1206* 平安後期-鎌倉時代の僧。
久安元年生まれ。藤原経房(つねふさ)の弟。真言宗。仁和寺(にんなじ)慈尊院の尭真(ぎょうしん)に師事し,保寿院の覚成(かくぜい)に灌頂(かんじょう)をうける。大僧都(そうず),法印となり,元久2年東寺三長者。元久2年12月17日死去。61歳。通称は弁法印,慈尊院法印。著作に「諸尊法目録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android