コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原経房 ふじわらの つねふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原経房 ふじわらの-つねふさ

1143-1200 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
康治(こうじ)2年生まれ。藤原光房の次男。母は藤原俊忠の娘。養和元年(1181)参議。のち権(ごんの)大納言兼民部卿,正二位にいたる。実務に有能で後白河上皇,平氏政権に信頼されて昇進。源頼朝にもおもんじられ,議奏として朝幕間の交渉にあたった。歌が「千載和歌集」以下の勅撰集に12首はいっている。号は吉田。正治(しょうじ)2年閏(うるう)2月11日死去。58歳。日記に「吉記(きっき)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのつねふさ【藤原経房】

1143‐1200(康治2‐正治2)
平安末~鎌倉初期の公卿。権右中弁藤原光房の男。その居所により吉田を称した。1150年(久安6)摂関家家司から六位蔵人に出身し,伊豆,安房の守を歴任,ついで蔵人,左衛門権佐,左少弁を兼帯し,さらに権右中弁,右中弁,内蔵頭,左中弁,蔵人頭,右大弁を経て,81年(養和1)参議に昇り,左大弁を兼ねた。この官歴は経房が有能な実務官僚であったことをよく物語っており,その後も累進して正二位権大納言に至った。その間,後白河上皇の信任も厚く,さらに鎌倉に幕府を開いた源頼朝も経房を深く信頼して朝幕間の斡旋を委任し,議奏公卿に推挙した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の藤原経房の言及

【吉記】より

…権大納言藤原(吉田)経房の日記。記名は,経房が洛東吉田に住み,吉田と称されたための名称。…

※「藤原経房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原経房の関連キーワード隆遍(1)賀茂重政下河辺荘藤原定経吉田経房鎌倉時代吉続記明円

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android