コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条良経 くじょうよしつね

6件 の用語解説(九条良経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九条良経
くじょうよしつね

[生]嘉応1(1169)
[没]元久3(1206).3.7. 京都
鎌倉時代初期の公卿。兼実の次男。母は藤原季行の娘。後京極殿ともいわれる。治承3 (1179) 年元服。文治4 (88) 年兄良通が 22歳で死ぬと九条家を継いだ。翌年権中納言,次いで権大納言兼左大将,建久6 (95) 年内大臣に進んだが,同7年父関白兼実が失脚したため,良経も籠居した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くじょう‐よしつね〔クデウ‐〕【九条良経】

藤原良経(ふじわらのよしつね)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条良経 くじょう-よしつね

1169-1206 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
仁安(にんあん)4年3月生まれ。九条兼実(かねざね)の次男。文治(ぶんじ)元年従三位。4年兄良通(よしみち)が早世したため家をつぐ。建仁(けんにん)2年摂政,氏長者,元久元年従一位,太政大臣にすすむ。後鳥羽院歌壇で活躍し,「新古今和歌集」の仮名序を執筆した。書道では後京極流の始祖。元久3年3月7日死去。38歳。通称は後京極殿。家集に「秋篠月清集」。
【格言など】きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣片敷きひとりかも寝む(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

九条良経

没年:建永1.3.7(1206.4.16)
生年:嘉応1(1169)
鎌倉時代の公卿。号は中御門殿,後京極殿。摂政・関白兼実と藤原季行の娘の子。文治1(1185)年従三位。4年兄良通が早世したため九条家の嫡子となる。このころ父兼実は源頼朝と結び,摂政・関白として権勢の頂点にあった。5年権中納言,権大納言。建久6(1195)年内大臣。しかし7年源(土御門)通親の策謀により兼実は関白を辞めさせられ,良経も籠居の身となる。正治1(1199)年閉門を許され左大臣。失脚後兼実は政界から退き,良経に九条家を託していた。建仁2(1202)年通親が死去し,後鳥羽上皇の意により良経が摂政となる。元久1(1204)年太政大臣。建永1(1206)年急逝。あまりに突然の死に,後世には殺害されたとの説まで生まれた。良経について叔父慈円は著書『愚管抄』に「能芸群ニヌケタリキ,詩歌能書昔ニハヂズ,政理公事父祖ヲツゲリ」と記している。『新古今和歌集』の仮名序の作者で代表的歌人のひとりであり,歌集『秋篠月清集』,漢詩集『詩十体』などがある。書家としても有名で書風は後京極流と呼ばれた。一方有職故実の研究にも力を入れ,『大間成文抄(除目大成抄)』『春除目抄』『秋除目抄』などの著書を残している。ほかに日記『殿記』がある。<参考文献>高群逸枝『平安鎌倉室町家族の研究』

(吉田早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くじょうよしつね【九条良経】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九条良経
くじょうよしつね
(1169―1206)

鎌倉初期の政治家。兼実(かねざね)の二男として生まれる。母は藤原季行(すえゆき)の女(むすめ)。後京極摂政(ごきょうごくせっしょう)、中御門殿(なかみかどどの)とよばれ、歌人として式部史生(しきぶししょう)、秋篠月清(あきしのげっせい)、南海漁父(なんかいぎょふ)、西洞隠士(さいとういんし)と称した。早く政界に入ったが、1196年(建久7)父関白(かんぱく)兼実の失脚に際しても九条家のうちひとり朝廷にとどまり、近衛(このえ)家執政のもとに累進して摂政、太政大臣(だいじょうだいじん)に至った。その女立子は順徳(じゅんとく)天皇の中宮(ちゅうぐう)となった。すなわち東一条院(ひがしいちじょういん)である。しかし良経は元久(げんきゅう)3年3月7日父に先だって頓死(とんし)した。良経は歌人として盛名あり、後鳥羽院(ごとばいん)に認められて和歌所寄人(よりゅうど)にあげられ、『新古今和歌集』の序もその筆になる。その入選歌数は西行(さいぎょう)、慈円に次いで第3位。彼が自邸に催した「六百番歌合(うたあわせ)」はその規模において歌道史上空前の挙として知られている。その歌集を『秋篠月清集』といい約1600首の歌を存している。[多賀宗隼]
『片山享著『校本秋篠月清集とその研究』(1976・笠間書院) ▽青木賢豪著『藤原良経全歌集とその研究』(1976・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の九条良経の言及

【後京極流】より

…日本書道の流派の一つ。後京極殿とは鎌倉時代の摂政太政大臣で詩歌その他諸芸に通じ書道に名を得た藤原(九条)良経(1169‐1206)の呼称であり,彼を祖とする。しばしば絵巻の詞書を書くのに用いられた角の顕著なかたい書風。例えば《紫式部日記絵巻》の詞書のようなものをこう呼んだ。しかし,良経の真蹟と考えられる自筆消息や仁和寺蔵の《般若理趣経》の書風とは必ずしも一致しない。古来,藤原忠通の法性寺(ほつしようじ)流から派生し,後京極流から定家流と二条家流が出るとされた。…

【除目大成抄】より

…任官の行事である除目の執行に当たる公卿のための参考の書。《大間成文抄(おおまなりぶみしよう)》ともいう。官職制度研究の重要な史料。成立は鎌倉時代初期。10巻。後京極摂政とよばれた藤原(九条)良経(1169‐1206)が類聚。年々の大間書(おおまがき)(欠員の官を列記し,除目のときに任官者を記入する文書)を集めて,例えば年給,成功(じようごう),官司等の挙奏,巡任,兼国など任官の事由によって詳細に分類したもの。…

【藤原良経】より

…平安末~鎌倉初期の廷臣,歌人。摂籙(せつろく)家九条兼実の子として生まれ,左大臣を経て従一位摂政太政大臣に昇る。和歌を藤原俊成に学び,建久期前半(1190‐97)には,歌壇を主宰して定家ら新風歌人の庇護者となり,《花月百首》や《六百番歌合》を開催。建久7年(1196)の政変により一時籠居したが,のち政界に復帰し,後鳥羽院歌壇においても中心人物として《新古今集》編纂に貢献した。仮名序を執筆し,巻頭歌作者となっている。…

※「九条良経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九条良経の関連キーワード中御門宗顕新京極良経後京極良経土御門殿中御門大炊御門冬忠中御門俊輔中御門宣俊《後京極殿百首歌合》土御門京極殿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone