隔離病舎(読み)カクリビョウシャ

デジタル大辞泉の解説

かくり‐びょうしゃ〔‐ビヤウシヤ〕【隔離病舎】

伝染病予防法の規定により、感染症患者を収容するために、他の病舎から離して治療していた病舎。隔離病棟。
[補説]平成11年(1999)感染症予防法の施行に伴い伝染病予防法が廃止され、隔離病舎も廃止された。現在では感染症予防法で分類される特定の感染症患者は、厚生労働大臣などが指定する感染症指定医療機関に入院することとなっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくりびょうしゃ【隔離病舎】

旧伝染病予防法により設置されていた、感染者を隔離して治療する病棟。隔離病棟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かくり‐びょうしゃ ‥ビャウシャ【隔離病舎】

〘名〙 隔離病室のある建物。
※伝染病予防法(明治三〇年)(1897)七条「伝染病患者を伝染病院又は隔離病舎に入らしむへし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android