隔離病舎(読み)カクリビョウシャ

デジタル大辞泉の解説

かくり‐びょうしゃ〔‐ビヤウシヤ〕【隔離病舎】

伝染病予防法規定により、感染症患者を収容するために、他の病舎から離して治療していた病舎。隔離病棟。
[補説]平成11年(1999)感染症予防法施行に伴い伝染病予防法が廃止され、隔離病舎も廃止された。現在では感染症予防法で分類される特定の感染症患者は、厚生労働大臣などが指定する感染症指定医療機関に入院することとなっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かくり‐びょうしゃ ‥ビャウシャ【隔離病舎】

〘名〙 隔離病室のある建物。
※伝染病予防法(明治三〇年)(1897)七条「伝染病患者を伝染病院又は隔離病舎に入らしむへし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android