コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染病院 デンセンビョウイン

デジタル大辞泉の解説

でんせん‐びょういん〔‐ビヤウヰン〕【伝染病院】

主として法定伝染病伝染病予防法で規定)の患者を隔離収容して治療を行っていた病院の呼称。平成11年(1999)の同法廃止以降は、この呼称は使用されなくなった。かわって制定された感染症予防法では、感染症指定医療機関という呼称で規定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんせんびょういん【伝染病院】

旧伝染病予防法で、法定伝染病患者を隔離収容して治療するために設置されていた病院。避病院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伝染病院の関連キーワード隔離(衛生)佐藤 勤也佐藤勤也強制隔離避病院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android