伝染病院(読み)デンセンビョウイン

デジタル大辞泉の解説

でんせん‐びょういん〔‐ビヤウヰン〕【伝染病院】

主として法定伝染病伝染病予防法で規定)の患者を隔離収容して治療を行っていた病院の呼称。平成11年(1999)の同法廃止以降は、この呼称は使用されなくなった。かわって制定された感染症予防法では、感染症指定医療機関という呼称で規定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんせんびょういん【伝染病院】

旧伝染病予防法で、法定伝染病患者を隔離収容して治療するために設置されていた病院。避病院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でんせん‐びょういん ‥ビャウヰン【伝染病院】

〘名〙 伝染病感染症)を治療する病院。現在の感染症指定医療機関にあたる。
※伝染病予防法(明治三〇年)(1897)七条「伝染病患者を伝染病院又は隔離病舎に入らしむべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝染病院の関連情報