隠微(読み)インビ

デジタル大辞泉の解説

いん‐び【隠微】

[名・形動]外に現れず、わかりにくいこと。かすかで目立たないこと。また、そのさま。
「そこらの―な気持までは、…しかとは見極めかねた」〈里見弴多情仏心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐び【隠微】

〘名〙 (形動) かすかでわかりにくいこと。表にあらわれない微妙なこと。奥深くて容易にうかがうことができないさま。
※竹居清事(1455頃)日本国東福雲章禅師行実之状「師天資不時牽、力存古道。自悼正宗日就隠微、而流弊滋盛
※雑話筆記(1719‐61)上「尤(もっとも)隠微の場でも人の賄(まいない)を受たり後暗い奉公する所存かつて無之候へども」 〔管子‐九守〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報