コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠〔隱〕 イン

デジタル大辞泉の解説

いん【隠〔隱〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]イン(漢) オン(呉) [訓]かくす かくれる こもる
〈イン〉
表面・世間からかくれる。「隠居隠遁隠忍索隠退隠
世間から身をかくす人。隠者。「市隠大隠
内情が見えないようにする。秘密にする。「隠語隠匿隠微隠蔽(いんぺい)
同情をよせる。「惻隠(そくいん)
〈オン〉
世間からかくれる。秘密にする。「隠密
隠岐(おき)国。「隠州
[補説]「証拠湮滅」の「湮(いん)」を「隠」で代用することがある。
[難読]雪隠(せっちん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の隠〔隱〕の言及

【謎】より

…表面の意味の背後に別の意味を隠しておき,それを当てさせようと誘いかける言語表現の一方法。言語遊戯の一つ。…

※「隠〔隱〕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隠〔隱〕の関連キーワード死ぬことと見つけたり真菰刈る・真菰苅る隠田(かくしだ)忍び田・隠び田大隠は市に隠る君側を清む長隠(2)隠田百姓那波祐英隠線処理白隠慧鶴丸川一郎隠面処理正宗国師盗み撮り遠羅天釜隠線消去黙水龍器忍び包丁隠面消去

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android