コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠〔隱〕 イン

デジタル大辞泉の解説

いん【隠〔隱〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]イン(漢) オン(呉) [訓]かくす かくれる こもる
〈イン〉
表面・世間からかくれる。「隠居隠遁隠忍索隠退隠
世間から身をかくす人。隠者。「市隠大隠
内情が見えないようにする。秘密にする。「隠語隠匿隠微隠蔽(いんぺい)
同情をよせる。「惻隠(そくいん)
〈オン〉
世間からかくれる。秘密にする。「隠密
隠岐(おき)国。「隠州
[補説]「証拠湮滅」の「湮(いん)」を「隠」で代用することがある。
[難読]雪隠(せっちん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の隠〔隱〕の言及

【謎】より

…表面の意味の背後に別の意味を隠しておき,それを当てさせようと誘いかける言語表現の一方法。言語遊戯の一つ。…

※「隠〔隱〕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

隠〔隱〕の関連キーワード隠田(かくしだ)大隠は市に隠る忍び田・隠び田隠公[魯]長隠(2)栗原 荒野活宗洞猊正宗国師遠羅天釜那波祐英霊源慧桃槐安国語隠公左伝栗原荒野丸川一郎隠面消去隠線処理隠面処理隠線消去白隠慧鶴

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android