コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁点 カリガネテン

大辞林 第三版の解説

かりがねてん【雁点】

〔古く雁がんの飛ぶ形「?」に書いたことから〕
漢文訓読の返り点の一。レ点の古名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雁点の言及

【返り点】より

,一・二・三,上・中・下,甲・乙・丙,天・地・人などを用い,漢字の左下に小さく記す。1字のみの順序を反倒するを雁(かりがね)点という。返り点は平安時代の初期から行われているが,当初のそれは,反倒して訓(よ)む文字の左下に記すだけで,どこへ返って訓むかを明らかに示さなかった場合もある。…

※「雁点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雁点の関連キーワード古名

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android