コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄大積雲 ゆうだいせきうん

大辞林 第三版の解説

ゆうだいせきうん【雄大積雲】

著しく盛り上がった積雲。さらに発達すると積乱雲になる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄大積雲
ゆうだいせきうん

が発達して、規模が大きくなったもの。これがさらに発達すると積乱雲になる。夏の晴天時に発生する普通の積雲は、大気の成層が安定であるために、自由に上空に向けて発達することができないので、まんじゅうのような形をしている。しかし、大気の安定度が小さいときには、積雲の中で解放される潜熱が積雲を暖め、浮力が大きくなってさらに上昇して雄大積雲になる。上部は輪郭がはっきりしたカリフラワー状で、雲粒は水滴である。氷晶が発生すると積乱雲になる。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雄大積雲の関連キーワード気象衛星雲型判別ダウンバーストロール雲下層雲すじ雲噴火雲頭巾雲入道雲夕立雷雲

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android