雄大積雲(読み)ゆうだいせきうん

大辞林 第三版の解説

ゆうだいせきうん【雄大積雲】

著しく盛り上がった積雲。さらに発達すると積乱雲になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄大積雲
ゆうだいせきうん

が発達して、規模が大きくなったもの。これがさらに発達すると積乱雲になる。夏の晴天時に発生する普通の積雲は、大気の成層が安定であるために、自由に上空に向けて発達することができないので、まんじゅうのような形をしている。しかし、大気の安定度が小さいときには、積雲の中で解放される潜熱が積雲を暖め、浮力が大きくなってさらに上昇して雄大積雲になる。上部は輪郭がはっきりしたカリフラワー状で、雲粒は水滴である。氷晶が発生すると積乱雲になる。[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android