コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団強姦等罪 シュウダンゴウカントウザイ

デジタル大辞泉の解説

しゅうだんごうかんとう‐ざい〔シフダンガウカントウ‐〕【集団強×姦等罪】

二人以上の者が共同で強姦罪準強姦罪にあたる行為をする罪。平成29年(2017)の刑法改正により、強制性交等罪(旧強姦罪)の法定刑が引き上げられ非親告罪となったことから、廃止された。集団強姦罪
[補説]改正前の刑法第178条の2が禁じ、4年以上の有期懲役に処せられた。単独犯による強姦罪などは親告罪だが、本罪は被害者の訴えがなくとも検察官起訴できた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

集団強姦等罪の関連キーワード補説

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android