集団強姦等罪(読み)シュウダンゴウカントウザイ

デジタル大辞泉の解説

しゅうだんごうかんとう‐ざい〔シフダンガウカントウ‐〕【集団強×姦等罪】

二人以上の者が共同で強姦罪準強姦罪にあたる行為をする罪。平成29年(2017)の刑法改正により、強制性交等罪(旧強姦罪)の法定刑が引き上げられ非親告罪となったことから、廃止された。集団強姦罪
[補説]改正前の刑法第178条の2が禁じ、4年以上の有期懲役に処せられた。単独犯による強姦罪などは親告罪だが、本罪は被害者の訴えがなくとも検察官起訴できた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android