コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団的労使関係 しゅうだんてきろうしかんけい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

集団的労使関係

従業員を個人ではなく1つの集団とみなし、企業と対等な関係を構築する考え方。労働者は労働組合を組織することで、従業員に対して圧倒的に立場が強い企業と、対等の取引ができる。労働基本法はこれを労働組合を結成する「団結権」、団体として経営側と交渉する「団体交渉権」、要求実現のための手段としてストライキを行なう「争議権」の3つによって保障している。だが近年、労働組合が有効に機能している企業は減少し、組合組織率(労働組合に組織されている社員の比率)はすでに2割を切っている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

集団的労使関係の関連キーワード労働慣行

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団的労使関係の関連情報