コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集議 シュウギ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ぎ〔シフ‐〕【集議】

集まって評議すること。
「徒党を禁ずるの法を設けて人の―を妨げ」〈福沢文明論之概略

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうぎ【集議】

( 名 ) スル
人々が集まって評議すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

集議の関連キーワード小野塚 与澄青木 融光荒木 照定高井 観海王禹しょう富田 斅純長岡 慶信大東 義徹三田称平広川晴軒雲井竜雄七月革命帝国議会錦織晩香金枝柳村大原重徳横山安武大東義徹政体書公議所

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集議の関連情報