コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集集地震 しゅうしゅうじしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集集地震
しゅうしゅうじしん

1999年9月 21日午前1時 47分 (現地時間) ,台湾中西部で発生した直下型地震。南投県集集鎮を震源とすることからこの名がついた。マグニチュード 7.6。被害は死者 2400人以上,負傷者約 8700人,全半壊した建物 10万戸以上に上った。台湾東海岸付近ではユーラシア・プレートとフィリピン海プレートが衝突しており,そのため台湾内陸部には南北に走る複数の活断層がある。集集地震はその一つ,車籠甫断層が動いたために起きたとみられ,断層は約 80kmに及んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集集地震の関連キーワードダム(構造物)台湾大地震

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android