雉隠(読み)キジカクシ

大辞林 第三版の解説

きじかくし【雉隠】

ユリ科の多年草。山中に自生。茎は細く、長さ1メートルに達し、よく分枝する。葉は鱗片りんぺん状に退化し、その腋わきからでた短枝は緑色の線形で葉の代わりをする。雌雄異株。初夏、緑白色の小花が数個葉腋ようえきにつく。果実は球形の小液果で、秋に赤熟する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雉隠 (キジカクシ)

学名:Asparagus schoberioides
植物。ユリ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android