雌黒豹紋蝶(読み)メスグロヒョウモン

  • めすぐろひょうもん ‥ヘウモン
  • 雌黒豹紋蝶 (メスグロヒョウモン)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 タテハチョウ科のチョウ。はねの開張七センチメートル内外。雄のはねは橙色に黒点紋があるが、雌のはねは他のヒョウモンチョウと異なり、黒色に白色帯がある。雑木林の周辺、山地の路傍などに見られ、大木のクリの花によく吸蜜にくる。幼虫は各種のスミレ類を食べる。日本各地、ヒマラヤ、中国、朝鮮などに分布する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android