コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雍正しゅ批諭旨 ようせいしゅひゆし Yong-zheng zhu-pi yu-zhi; Yung-chêng chu-p`i yü-shih

1件 の用語解説(雍正しゅ批諭旨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雍正しゅ批諭旨
ようせいしゅひゆし
Yong-zheng zhu-pi yu-zhi; Yung-chêng chu-p`i yü-shih

中国,清朝の雍正帝が官僚の上奏した文書にしゅ筆で批判を加え,その一部を出版公開した書籍。単にしゅ批諭旨ともいう。清朝では初め明朝の中央官庁を経る公的な報告 (章奏) 制度を踏襲したが,康煕帝は章奏とは別に官僚から直接に秘密の報告 (奏摺) を受け,これにしゅ批して上奏者に回送していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雍正しゅ批諭旨の関連キーワード円明園紫禁城聖諭広訓大義覚迷録雍正帝雍和宮アマルバヤスガラント寺古月軒清朝の満州語公文書硃批諭旨