コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雍正しゅ批諭旨 ようせいしゅひゆしYong-zheng zhu-pi yu-zhi; Yung-chêng chu-p`i yü-shih

1件 の用語解説(雍正しゅ批諭旨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雍正しゅ批諭旨
ようせいしゅひゆし
Yong-zheng zhu-pi yu-zhi; Yung-chêng chu-p`i yü-shih

中国,清朝の雍正帝が官僚の上奏した文書にしゅ筆で批判を加え,その一部を出版公開した書籍。単にしゅ批諭旨ともいう。清朝では初め明朝の中央官庁を経る公的な報告 (章奏) 制度を踏襲したが,康煕帝は章奏とは別に官僚から直接に秘密の報告 (奏摺) を受け,これにしゅ批して上奏者に回送していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone