コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡撫 じゅんぶxun-fu; hsün-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巡撫
じゅんぶ
xun-fu; hsün-fu

中国,・清時代の地方長官。巡行民の略で,その名は明の洪武・永楽時代からあり,初めは中央から派遣される臨時の職であった。宣徳年間 (1426~35) 頃から主要地方に常設され,またはその一部を管轄。本来文官であるが軍事を兼ねることが多く,都御史の肩書をもち,省の布政,按察,都指揮三司の上に立つ地方長官の実質をもっていた。清も明制に従って巡撫を省の長官とした。その地位は2,3省を管轄する総督より少し低いが,資格は同等で皇帝に直属した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐ぶ【巡×撫】

各地を回って人心を鎮め安んずること。
中国の地方長官。代初期には臨時の官であったが、のちには各省に置かれ、管下民政・軍事をつかさどった。代には総督と同等の資格をもち、皇帝に直属した。巡行撫民に基づく名称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんぶ【巡撫 xún fǔ】

中国,明・清の地方長官。巡撫とは〈巡行撫民〉の意で,1391年(洪武24)皇太子が陝西を巡撫したのがこの名の起りといわれ,その後しばらくは中央から臨時に派遣される性格のものであったが,1430年(宣徳5)六部侍郎(各省次官)を要地に派遣して租税徴収の監督をさせたころから,地方民政に関与する常駐の地方長官としての性格にかわり,15世紀中ごろに定制となって明末にはその数が20余に及んだ。本来は文官であるが軍事を兼ねることが多く,総督と合わせて督撫ということもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんぶ【巡撫】

各地を巡回して人心を安撫すること。
中国、明・清代の官職。臨時の職であったが、清代では各省に置かれて民政・軍務をつかさどった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巡撫
じゅんぶ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

巡撫の関連キーワード佐久間 浩台湾民主国西安碑林佐久間浩広方言館哱拝の乱宣宗皇帝時務学堂左宗棠都察院江忠源李鴻章諮議局伊里布呉大澂年羹堯陳文述袁崇煥胡宗憲毛文竜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android