コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雛芥子/雛罌粟 ヒナゲシ

デジタル大辞泉の解説

ひな‐げし【××芥子/×雛罌粟】

ケシ科の越年草。高さ30~90センチ。全体に毛があり、葉は羽状に深く裂けていて白粉を帯びた緑黄色。5、6月ごろ、大形の紅・桃・白色などの4弁花が咲く。八重咲きの品種もある。ヨーロッパ中部の原産。観賞用。虞美人草(ぐびじんそう)。美人草。ポピー。 夏》「―の曲りて立ちて白き陽に/青邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雛芥子 (ヒナゲシ)

学名:Papaver rhoeas
植物。ケシ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雛芥子/雛罌粟の関連キーワードChomo布野修司

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android