コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難付く ナンツク

デジタル大辞泉の解説

難(なん)付(つ)・く

(「付く」が下二段活用の場合)非難する。難癖をつける。
「人の上を―・け、おとしめざまのこと言ふ人をば」〈・蛍〉
(「付く」が四段活用の場合)難癖をつけられる。傷がつく。
「私が内証の自分仕事にしませう、時には(=ソレナラ)家に―・かず」〈浄・氷の朔日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんつく【難付く】

〔「つく」は下二段活用〕 「 難を付ける 」に同じ。 「世にも-・けられ給はぬおとどを、口にまかせてな貶おとしめ給ひそ/源氏 真木柱
〔「つく」は四段活用〕 非難される。けちがつく。 「私が内証の自分仕事にしませう時には家に-・かず/浄瑠璃・氷の朔日

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

難付くの関連キーワード内証難癖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android