コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難付く ナンツク

デジタル大辞泉の解説

難(なん)付(つ)・く

(「付く」が下二段活用の場合)非難する。難癖をつける。
「人の上を―・け、おとしめざまのこと言ふ人をば」〈・蛍〉
(「付く」が四段活用の場合)難癖をつけられる。傷がつく。
「私が内証の自分仕事にしませう、時には(=ソレナラ)家に―・かず」〈浄・氷の朔日

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんつく【難付く】

〔「つく」は下二段活用〕 「 難を付ける 」に同じ。 「世にも-・けられ給はぬおとどを、口にまかせてな貶おとしめ給ひそ/源氏 真木柱
〔「つく」は四段活用〕 非難される。けちがつく。 「私が内証の自分仕事にしませう時には家に-・かず/浄瑠璃・氷の朔日

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone