心中刃は氷の朔日(読み)シンジュウヤイバハコオリノツイタチ

デジタル大辞泉の解説

しんじゅうやいばはこおりのついたち〔シンヂユウやいばはこほりのついたち〕【心中刃は氷の朔日】

浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。宝永6年(1709)大坂竹本座初演。遊女小かんと鍛冶屋の弟子平兵衛との情死事件を脚色したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅうやいばはこおりのついたち【心中刃は氷の朔日】

人形浄瑠璃。世話物。3巻近松門左衛門作。1709年(宝永6)大坂竹本座初演。大坂の鍛冶屋の弟子平兵衛と蜆川新地の遊女小かんとの心中事件を脚色した作であるが,実説の詳細は不明。大坂備後町の鍛冶屋大文字屋利右衛門の弟子平兵衛は,蜆川の新地平野屋の抱え女郎小かんと馴染みをかさね,その身請けの金につまったあげく,鍛冶屋を追い出された。一方,小かんも国許の播磨から乳兄弟が迎えにきて連れ帰ろうとしており,自分たちの前途に絶望した2人は屋根伝いに人目を忍んで逃れ出,小かんの叔母が住む北野の藍畑まできて情死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじゅうやいばはこおりのついたち【心中刃は氷の朔日】

浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1709年初演。大坂備後町の鍛冶屋かじや平兵衛と曽根崎新地の平野屋小かんの心中事件を脚色。実説の詳細は不明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android