コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難行道 ナンギョウドウ

デジタル大辞泉の解説

なんぎょう‐どう〔ナンギヤウダウ〕【難行道】

自力による修行をもって悟りの境地に達する方法。聖道門(しょうどうもん)。⇔易行道(いぎょうどう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんぎょうどう【難行道】

〘仏〙 阿弥陀仏の本願の力ではなく、自力の修行で悟りの境地に至ろうとする教え。浄土宗から、他の宗派をさしていう語。聖道門しようどうもん。 ↔ 易行道

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の難行道の言及

【聖道門】より

…仏教諸宗の位置づけのしかた(教判)の一つとして,浄土門と対比して用いる。聖道門は知恵をみがき,煩悩を断じて聖者(しようじや)となり,この世で悟りを開こうとするもので,浄土門に対し,自力門・難行道とされる。この聖浄二門の教判は,はじめ唐の道綽(どうしやく)が《安楽集》で説いたもので,浄土教では聖道門を難証難行の教えとして退ける。…

※「難行道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

難行道の関連キーワード難易二道教相判釈阿弥陀仏浄土宗易行道題目二道

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android