易行道(読み)いぎょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

易行道
いぎょうどう

仏陀の救済に依存し,仏陀の力によって悟りを得ようとする方法。修行者自身の力に依存する難行道の対。特に念仏の実践をさしていう。 (→難易二道 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いぎょうどう【易行道】

〘仏〙 自力ではなく、阿弥陀仏の力によって悟りを開く道。浄土門・念仏門などの他力宗をいう。 ⇔ 難行道

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いぎょう‐どう イギャウダウ【易行道】

〘名〙 (さとりに至るための、修し易い仏道修行の意から) 念仏を唱えることにより阿彌陀仏の広大な知恵と慈悲に導かれてさとりに至る道をいう。浄土門、念仏門などの他力門。⇔難行道
※往生要集(984‐985)大文一〇「又至不退転位、有難易二道。言易行道、即是念仏」 〔易行品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android