コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

易行道 いぎょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

易行道
いぎょうどう

仏陀の救済に依存し,仏陀の力によって悟りを得ようとする方法。修行者自身の力に依存する難行道の対。特に念仏の実践をさしていう。 (→難易二道 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いぎょう‐どう〔イギヤウダウ〕【易行道】

仏語。阿弥陀仏の慈悲の力をたのみ、その救いによって極楽浄土に往生する修行。また、その教え。他力門をいう。⇔難行道

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぎょうどう【易行道】

〘仏〙 自力ではなく、阿弥陀仏の力によって悟りを開く道。浄土門・念仏門などの他力宗をいう。 ↔ 難行道

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

易行道の関連キーワード十住毘婆沙論インド文学末法思想教相判釈浄土門聖道門浄土宗易行品仏語二道易行

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android