コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨乞踊 あまごいおどり

2件 の用語解説(雨乞踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨乞踊
あまごいおどり

民俗芸能の一つ。干魃のとき降雨を祈って踊る踊り。本来臨時に行なわれるものであるが,踊りを絶やさないために鎮守の祭りなどに例年行なうところもある。また雨が降るとお礼踊を踊るところもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あまごいおどり【雨乞踊】

民俗芸能。降雨を祈願するための踊り。干ばつ・日照りの続いた時に臨時に踊られるのが本来であるが,願いがかなって雨が降った時にも御礼踊を行うことがあった。現在では定期的に踊られる。太鼓や鉦(かね)を激しく打ち鳴らして踊る芸態が全国に広く分布しているが,これは太鼓や鉦の音を雷鳴に擬しているからであり,一種の類感呪術である。この種の芸態の踊りは,さまざまの飾り物を身につける風流(ふりゆう)系の踊りであり,〈太鼓踊〉〈鉦踊〉〈念仏踊〉などがこれにあてられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の雨乞踊の言及

【風流踊】より

…歌は室町時代後期から近世初期にかけて流行した小歌を,数首組歌にして歌う場合が多い。現在風流踊は民俗芸能として,太鼓踊カンコ踊,神踊(かみおどり),ざんざか踊雨乞踊,花踊,花笠踊,いさみ踊,聖霊踊(しようりようおどり)などの名で残っているが,その分布は東京都以西である。
[歴史]
 室町時代初期,〈囃子物(はやしもの)〉として京都近郊で演じはじめられていた風流の芸態は,作り物囃子物(囃し物)が主で,踊りといえるものは盂蘭盆会(うらぼんえ)の念仏踊(踊念仏)ぐらいであった。…

※「雨乞踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雨乞踊の関連キーワード雨乞い綾踊り民俗芸能・民俗藝能簓踊雀の踊り足綾子踊杉野原の御田舞多良間の豊年祭花園の御田舞松山踊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone