雨乞踊(読み)あまごいおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨乞踊
あまごいおどり

民俗芸能の一つ。干魃のとき降雨を祈って踊る踊り。本来臨時に行なわれるものであるが,踊りを絶やさないために鎮守の祭りなどに例年行なうところもある。また雨が降るとお礼踊を踊るところもある。多くは太鼓踊で太鼓やの響きが雷鳴に擬せられ,その音が雨を呼ぶと信じられた。雨乞踊には念仏踊風流(ふりゅう)の獅子舞,太鼓踊などがあり,水辺や山頂,氏神の社などで大勢の男たちによって踊られる。(→雨乞い

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまごいおどり【雨乞踊】

民俗芸能。降雨を祈願するための踊り。干ばつ・日照りの続いた時に臨時に踊られるのが本来であるが,願いがかなって雨が降った時にも御礼踊を行うことがあった。現在では定期的に踊られる。太鼓や鉦(かね)を激しく打ち鳴らして踊る芸態が全国に広く分布しているが,これは太鼓や鉦の音を雷鳴に擬しているからであり,一種の類感呪術である。この種の芸態の踊りは,さまざまの飾り物を身につける風流(ふりゆう)系の踊りであり,〈太鼓踊〉〈鉦踊〉〈念仏踊〉などがこれにあてられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の雨乞踊の言及

【風流踊】より

…歌は室町時代後期から近世初期にかけて流行した小歌を,数首組歌にして歌う場合が多い。現在風流踊は民俗芸能として,太鼓踊カンコ踊,神踊(かみおどり),ざんざか踊雨乞踊,花踊,花笠踊,いさみ踊,聖霊踊(しようりようおどり)などの名で残っているが,その分布は東京都以西である。
[歴史]
 室町時代初期,〈囃子物(はやしもの)〉として京都近郊で演じはじめられていた風流の芸態は,作り物囃子物(囃し物)が主で,踊りといえるものは盂蘭盆会(うらぼんえ)の念仏踊(踊念仏)ぐらいであった。…

※「雨乞踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android