コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨宮清 あめみや きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雨宮清 あめみや-きよし

1947- 昭和後期-平成時代の企業家,対人地雷除去機開発者。
昭和22年3月7日生まれ。昭和45年郷里山梨で建設機械の整備会社を設立。55年日立建機の特販店及び指定工場となり,社名を山梨日立建機とする。平成6年商用でおとずれたカンボジアで地雷の被害者にあい,地雷除去機の開発を志す。10年回転カッターをもちいた対人地雷除去機を完成させ,以後カンボジア,アフガニスタン,ニカラグア,アンゴラで除去作業をおこなう。19年吉川英治文化賞を受賞。また,山梨日立建機は,18年企業フィランソロピー大賞地球共生賞を,21年には「世界の地雷原に安全と平和を取戻し,豊かで肥沃な大地を復興する対人地雷除去機の開発」にたいして,ものづくり日本大賞優秀賞を受賞した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

雨宮清の関連キーワードカザン(Elia Kazan)新藤兼人イーグルスカシミールジュネ2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A国家行政組織法アンバルツミアン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android