コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨窓欹枕集 うそうきちんしゅうYu-chuang-yizhen-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨窓欹枕集
うそうきちんしゅう
Yu-chuang-yizhen-ji

中国の口語体短編小説集。洪べんの編。明の嘉靖 20 (1541) ~30年頃刊。洪べんは銭塘の人で字は子美。蔵書家として著名で,上記の年間その書斎の清平山堂に収集された話本 (わほん) を『雨窓』『長灯』『随航』『欹枕』『解閑』『醒夢』の6集 (各集 10編ずつの計 60編) として出版した。『雨窓欹枕集』とは,この『清平山堂話本』のうち,1933年に中国で発見された『雨窓集』の残本5編,『欹枕集』の残本7編を合せて呼ぶ名称。宋,元の原本にあまり手を入れないまま出版されたものが多く,話本の初期の姿を比較的忠実に伝えていると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨窓欹枕集
うそうきちんしゅう

中国、明(みん)代中期の口語短編小説集。洪(こうべん)編。1540年代の成立。編者は銭塘(せんとう)(浙江(せっこう)省)の蔵書家で、その収集した話本、すなわち宋(そう)代に大都市で流行した講談の台本として当時流布していた小冊子を、雨窓、長燈、随航、欹枕、解閑、醒夢(せいむ)の6集、各10編にまとめて出版した。のち散逸したその話本のうち、1933年になって、浙江省寧波(ねいは)の古書店で偶然発見された、雨窓集の残本5編、欹枕集の残本7編をあわせて翻刻したのが本書である。日本の内閣文庫(現国立公文書館所蔵)で発見され『清平山堂話本』の名で刊行された他の諸残編とともに、宋・元時代の初期の話本の形態をよくとどめ、素朴な味わいをもつ小説集として価値が高い。[今西凱夫]
『入矢義高訳『中国古典文学大系25 雨窓欹枕集他』(1967・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雨窓欹枕集の関連キーワード三言二拍

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android