コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪ノ下 ゆきノした

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪ノ下
ゆきノした

神奈川県南東部,鎌倉市中部の地区。中心市街地の北東に接する住宅地区で,名所・旧跡に富み,鎌倉観光の中心。若宮大路の正面にある鶴岡八幡宮には本宮,下拝殿,丸山稲荷社本殿などのほか神奈川県立近代美術館鎌倉国宝館があり,境内全域が史跡地名の由来は源頼朝が雪を夏季まで貯蔵する雪屋を設けたからとも,ユキノシタが繁茂していたからともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雪ノ下の関連キーワード鏑木清方(かぶらききよかた)鎌倉市鏑木清方記念美術館鶴岡八幡宮境内三条局(2)上杉禅秀の乱鎌倉(市)勝長寿院上杉快尊上杉氏憲足利満隆巨福呂坂三条局明珍大倉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪ノ下の関連情報