コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪窓普明 せっそうふみんXue-chuang Pu-ming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪窓普明
せっそうふみん
Xue-chuang Pu-ming

中国,元の禅僧画家。松江 (上海) の人。雲巌寺,承天寺などの名寺を歴住した禅僧で,余技に水墨で没骨 (もっこつ) 技法によるらんを描き名声を得た。その作品は日本に多く伝わり,室町時代の水墨画家,ことに玉えん梵芳 (ぎょくえんぼんほう) らに多大の影響を与えた。遺品としては至正3 (1343) 年の『蘭図』4幅 (宮内庁三の丸尚蔵館) が著名。著書に『画蘭筆法記』があったが散失した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone