コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲巌寺 ウンガンジ

デジタル大辞泉の解説

うんがん‐じ【雲巌寺】

栃木県大田原市にある臨済宗妙心寺派の寺。開創は大治年間(1126~1131)と伝えられるが、未詳。高峰顕日(こうほうけんにち)(仏国国師)が、この地に草庵を結んで修行したのがはじまりという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

雲巌寺(うんがんじ)

栃木県大田原市にある寺院。1283年創建。臨済宗妙心寺派。本尊釈迦牟尼仏禅宗の日本四大道場のひとつ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うんがんじ【雲巌寺】

栃木県那須郡黒羽町にある臨済宗の寺。山号は東山。1120年代ころ,初叟元(しよそうげん)和尚によって旧仏教系寺院として開かれたと伝えられている。しかし後に衰退し,1283年(弘安6)高峰顕日(こうほうけんにち)によって復興され,臨済宗寺院となった。開山の高峰は東福寺の弁円の下で修行後,那須の山中に隠遁したが,その名声が各地に伝わると修行者が参集し,当時筑前で名声の高かった南浦紹明と共に〈天下の二甘露門〉と称せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うんがんじ【雲巌寺】

栃木県大田原市にある臨済宗の寺。大治年間(1126~1131)に元和が開基。禅宗四道場の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲巌寺
うんがんじ

栃木県大田原(おおたわら)市雲岩寺(うんがんじ)にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。山号は東山(とうざん)。1281年(弘安4)高峰顕日(こうほうけんにち)(仏国国師)がこの地に草庵(そうあん)を結んで修行していたが、83年に執権の北条時宗(ときむね)が一大禅院を建立したので、顕日は師の無学祖元(むがくそげん)(仏光国師)を招請して開山とし、自らは第1世となった。ついで太平妙準(たいへいみょうじゅん)(仏応禅師)が第2世となったので、この3禅師を「雲巌寺の三仏開山」という。1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉によって伽藍(がらん)を焼かれたが、無住妙徳(むじゅうみょうとく)が再興。現在、山門(寺内最古)、仏殿、方丈、庫裡(くり)のほか専門道場がある。寺宝の仏国国師画像、仏応禅師画像は国の重要文化財に指定されている。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雲巌寺の言及

【高峰顕日】より

…後嵯峨天皇の皇子で,16歳のとき東福寺円爾(えんに)弁円の門に入って具足戒を受け,1260年(文応1)兀庵普寧(ごつたんふねい)に従って建長寺において湯薬侍者をつとめた。翌年下野那須の教寺に韜晦(とうかい)したが,多くの禅徒が参集したので,やがて禅寺にあらため,雲巌寺(栃木県黒羽町)とし,その開山となった。79年(弘安2)無学祖元が来朝すると,しばしば建長寺・円覚寺に赴いて祖元に参禅し,ついに印可を受けて法を継いだ。…

※「雲巌寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲巌寺の関連キーワード熊本県熊本市西区松尾町平山金峰山県立自然公園八溝県立自然公園栃木県大田原市おくのほそ道植木 憲道天岸慧広通翁鏡円夢窓疎石竜山徳見雪窓普明植木憲道太平妙準枢翁妙環大同妙喆峰翁祖一真空妙応金峰山菅沼元和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲巌寺の関連情報