雪肌(読み)せっき

精選版 日本国語大辞典「雪肌」の解説

せっ‐き【雪肌】

〘名〙 のように白く美しい。また、その人。
※洒落本・廻覧奇談深淵情(1803)羅廓島之記「唐土に巫山あり。雲髻雪肌(セッキ)のすめる処ときく」 〔韓偓‐浣渓沙詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雪肌」の解説

ゆき‐はだ【雪肌/雪膚】

降り積もった雪の表面。
雪のように白い女性の肌。ゆきのはだ。

せっ‐き【雪肌】

雪のように白くきれいな肌。また、そのような肌の人。雪膚(せっぷ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android