コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐土 トウド

デジタル大辞泉の解説

とう‐ど〔タウ‐〕【唐土】

昔、日本から中国をさして呼んだ名。もろこし。

もろ‐こし【唐土/唐】

昔、日本から中国を呼んだ名。から。とうど。
昔、中国から伝来したものにつけた語。
[補説]中国南方の越(えつ)(浙江(せっこう)省付近)の諸国・諸族の「諸越」の訓読みから起こり、最初その地方をさしていたのが、しだいに中国全土をさすようになったという。一説に、その地方から諸物が渡来した意とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうど【唐土】

中国をさして呼んだ称。もろこし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐土
もろこし

日本から中国をさしてよんだ古称。「諸越」を訓読してできた語とされる。諸越は百越と同義で、「越(えつ)」とは元来、中国の春秋戦国時代に、現在の浙江(せっこう)省からベトナムあたりにかけて勢力を振るっていた国の名称であったが、古代日本と越の諸国との交通が盛んであり、遣唐使船が浙江省あたりに着いたりしたことから、本来はその地方だけをさしていた名称が、しだいに中国全土の名称へと拡大し、「唐(とう)」「唐土(とうど)」「漢土(かんど)」と同義となった。また、中国から渡来した事物を表す名称の上に冠して、漢詩を「唐土歌(もろこしうた)」、中国人を「唐土人(もろこしびと)」、中国船を「唐土船(もろこしぶね)」、中国の書物を「唐土書(もろこしぶみ)」などと称するように意味が拡大してきた。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唐土の言及

【筑羅が沖】より

…中世の物語草子や幸若舞・説経節などの語り物にあらわれる架空の地名。日本と中国(唐土)との潮境にあったとされる海。そこでは異界の者との闘争などが起こるのが普通で,たとえば幸若舞の《大織冠(たいしよかん)》では人と修羅とが戦い,《百合若大臣(ゆりわかだいじん)》では魔界の者のような蒙古(むくり)軍と戦うことになっており,《浄瑠璃物語》ではやや文芸化され,唐土の猿と日本の猿とが争ったとされる。…

【筑羅が沖】より

…中世の物語草子や幸若舞・説経節などの語り物にあらわれる架空の地名。日本と中国(唐土)との潮境にあったとされる海。そこでは異界の者との闘争などが起こるのが普通で,たとえば幸若舞の《大織冠(たいしよかん)》では人と修羅とが戦い,《百合若大臣(ゆりわかだいじん)》では魔界の者のような蒙古(むくり)軍と戦うことになっており,《浄瑠璃物語》ではやや文芸化され,唐土の猿と日本の猿とが争ったとされる。…

※「唐土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

唐土の関連キーワード浜松中納言物語七種を囃す松浦宮物語大和言の葉玉藻前曦袂並木荘次茶子味梅七種叩き岡田玉山鈴木芙蓉筑羅が沖唐土・唐細細しい太田玉巌火鼠の裘平住専庵気近し種はひ世下る唐相撲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐土の関連情報