コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲切草 クモキリソウ

デジタル大辞泉の解説

くもきり‐そう〔‐サウ〕【雲切草】

ラン科の多年草山地の林内に生え、高さ15~20センチ。葉は楕円形で2枚が向き合ってつく。夏、淡緑色または暗紫色の花を10個くらい総状につける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くもきりそう【雲切草】

ラン科の多年草。山地の林内に生える。葉は長楕円形で二個。5、6月、高さ15~30センチメートルの花茎に淡緑色または淡暗紫色の小花を一〇個内外総状につける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雲切草 (クモキリソウ)

学名:Liparis kumokiri
植物。ラン科の多年草,園芸植物

雲切草 (クモキリソウ)

植物。碇草の別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

雲切草の関連キーワード小花花茎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android