コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碇草 いかりそう

大辞林 第三版の解説

いかりそう【碇草】

メギ科の多年草。山地に自生する。高さ約30センチメートル。葉は複葉。春、碇の形に似た淡紫色の四弁の花を下向きにつける。茎や葉を生薬名で淫羊藿と称し、強壮・強精薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

碇草の関連キーワードトキワイカリソウ(常磐碇草)飯野山雲切草淡紫色千鳥草山地複葉

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android