コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲叔宗慶 うんしゅく そうきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雲叔宗慶 うんしゅく-そうきょう

1495-1566 戦国時代の僧。
明応4年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都大徳寺の天啓宗歅(そういん)の法をつぐ。大徳寺の住持を2度つとめる。師がひらいた越前(えちぜん)(福井県)福原寺の玉雲庵を大徳寺にうつした。永禄(えいろく)9年1月9日死去。72歳。京都出身。諡号(しごう)は仏心広通禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

雲叔宗慶の関連キーワード土佐光信ビールサンガッロ金山城コルレスレイマン1世モンテーニュ嘉靖帝スレイマンスレイマン一世

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone