雲居の空(読み)クモイノソラ

デジタル大辞泉の解説

くもい‐の‐そら〔くもゐ‐〕【雲居の空】

雲のある大空。
「はかなくて煙となりし人により―の睦(むつま)じきかな」〈和泉式部集・上〉
遠く離れた所。また、宮中。
「君は三笠の山高み―にまじりつつ」〈増鏡・おどろの下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くもいのそら【雲居の空】

雲の浮かんでいる空。
宮中。 「君は三笠の山高み-に交りつつ/増鏡 おどろの下
はるかに遠い世界。 「 -をも迷ひ来て/浄瑠璃・吉野都女楠」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android