雲頂温度(読み)うんちょうおんど(英語表記)cloud top temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲頂温度
うんちょうおんど
cloud top temperature

赤外画像から観測される雲の頂の温度。気象衛星から観測される赤外画像は,雲頂温度が低い雲は白く,雲頂温度が高い雲は黒い画像となる。そこで,雲を黒体とみなし,雲からの赤外放射量を温度に変換して,雲頂温度を観測する。対流圏では一般に上層ほど気温は低いので,雲頂温度が低い雲は雲頂高度が高い雲ということになる。積乱雲などは下層から上層までと雲頂高度が高く,地上では雷雨などを伴っている場合などが多いため,雲頂温度の観測からそれらを知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android