コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲頂温度 うんちょうおんどcloud top temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲頂温度
うんちょうおんど
cloud top temperature

赤外画像から観測される雲の頂の温度。気象衛星から観測される赤外画像は,雲頂温度が低い雲は白く,雲頂温度が高い雲は黒い画像となる。そこで,雲を黒体とみなし,雲からの赤外放射量を温度に変換して,雲頂温度を観測する。対流圏では一般に上層ほど気温は低いので,雲頂温度が低い雲は雲頂高度が高い雲ということになる。積乱雲などは下層から上層までと雲頂高度が高く,地上では雷雨などを伴っている場合などが多いため,雲頂温度の観測からそれらを知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雲頂温度の関連キーワード衛星海洋学

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android