コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零式水上偵察機 れいしきすいじょうていさつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

零式水上偵察機
れいしきすいじょうていさつき

太平洋戦争全期にわたって使われた日本海軍の主力水上偵察機。愛知航空機の開発。戦艦巡洋艦水上機母艦に搭載され,陸上基地でも使用,索敵,対潜,哨戒,連絡,救難などに多用された。単発,乗員3,全長 11.49m,総重量 3650kg,最大速度時速 366km,航続距離約 3300km。武装は 7.7mm機関銃1,250kg爆弾1。 1420機が生産された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

零式水上偵察機の関連情報