雷台廟(読み)らいだいびょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

らいだいびょう【雷台廟】

中国の甘粛(かんしゅく)省武威市の北1km、雷台湖にある廟。明代に雷神を祭るために創建され、それにちなんで命名された。1969年、廟が建つ土台の地下から後漢時代末期の大型のレンガの室墓が発見され、230点余の出土品が発掘された。墓の副葬品には軍団のミニチュア銅製品があり、「飛燕をしのぐ馬」(青銅製の奔馬)など多数の宝物が発見された。現在、銅奔馬(どうほんば)は中国のシンボルとされ、銅奔馬の実物は蘭州の甘粛省博物館にある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android