コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛燕 ひえん

3件 の用語解説(飛燕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛燕
ひえん

日本陸軍が太平洋戦争中に使用した三式戦闘機。川崎航空機によって開発され,日本機らしからぬ外形の液冷エンジンをもつ戦闘機として 1943年制式採用,太平洋戦争後半のニューギニアフィリピンセレベスなどの戦線で攻撃や船団護衛に使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐えん【飛×燕】

飛んでいるつばめ。 春》
武道などで、つばめのようにすばやく身をひるがえすこと。「飛燕の早業」
日本陸軍の単座戦闘機。制式名称は三式戦闘機。液冷エンジンを装備。最大時速580キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひえん【飛燕】

飛んでいるつばめ。
旧陸軍の三式単座戦闘機。液冷エンジンを搭載して高速化を図った。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の飛燕の言及

【趙飛燕】より

…中国,前漢末の女性で,成帝の皇后。もと踊り子の出で,軽快な身のこなしが燕を思わせるところから飛燕と称された。成帝に見そめられて,妹とともに後宮に入り,帝の寵愛を一身に集めて栄華を誇った。…

※「飛燕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛燕の関連情報