コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷鳴と稲妻

デジタル大辞泉プラスの解説

雷鳴と稲妻

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の管弦楽のためのポルカ。原題《Unter Donner und Blitz》。『雷鳴と電光』とも呼ばれる。雷を連想させる打楽器群による主題が何度も登場する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

らいめいといなづま〔ライメイといなづま〕【雷鳴と稲妻】

《原題、〈ドイツ〉Unter Donner und Blitzヨハン=シュトラウス2世の管弦楽によるポルカ。1868年作曲。雷鳴が轟く様子を打楽器で表現している。別邦題「雷鳴と電光」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

雷鳴と稲妻の関連キーワード雷神

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android