コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子公証サービス デンシコウショウサービス

1件 の用語解説(電子公証サービスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子公証サービス

紙の文書の内容証明や公証人制度のように、電子文書の内容や有効性を公的に証明するためのサービス。電子文書の確定日付(タイムスタンプ)や内容を公的に証明し、法的に有効な文書にする。2002年に「電子公証制度」が開始され、一定の条件を満たした電子上の書類には、現実の世界での公証書類と同じ効果を持つことになった。以降、日本人公証人連合会が電子公証サービスを行っている。契約の多くは電子公証によって有効となるが、金銭や土地の貸し借りの契約書や、遺言などの公的証書は電子公証制度の対象から除外されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子公証サービスの関連キーワード公証人公正証書謄本配達証明内容証明公証人役場内容証明郵便秘密証書遺言内容証明/配達証明公証人/公証人役場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone