電子公証サービス(読み)デンシコウショウサービス

ASCII.jpデジタル用語辞典「電子公証サービス」の解説

電子公証サービス

紙の文書の内容証明や公証人制度のように、電子文書の内容や有効性を公的に証明するためのサービス。電子文書の確定日付タイムスタンプ)や内容を公的に証明し、法的に有効な文書にする。2002年に「電子公証制度」が開始され、一定の条件を満たした電子上の書類には、現実の世界での公証書類と同じ効果を持つことになった。以降、日本人公証人連合会が電子公証サービスを行っている。契約の多くは電子公証によって有効となるが、金銭土地貸し借りの契約書や、遺言などの公的証書は電子公証制度の対象から除外されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android