コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子公証サービス デンシコウショウサービス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電子公証サービス

紙の文書の内容証明や公証人制度のように、電子文書の内容や有効性を公的に証明するためのサービス。電子文書の確定日付(タイムスタンプ)や内容を公的に証明し、法的に有効な文書にする。2002年に「電子公証制度」が開始され、一定の条件を満たした電子上の書類には、現実の世界での公証書類と同じ効果を持つことになった。以降、日本人公証人連合会が電子公証サービスを行っている。契約の多くは電子公証によって有効となるが、金銭や土地の貸し借り契約書や、遺言などの公的証書は電子公証制度の対象から除外されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android