コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子情報衛星 でんしじょうほうえいせいelectronic intelligence satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子情報衛星
でんしじょうほうえいせい
electronic intelligence satellite

電子情報の収集は,高度が高いほど有利となり,その究極的なものが人工衛星で,写真偵察だけでなく,電波情報を収集するエリント衛星が打ち上げられている。代表的なものがアメリカのライアライト衛星で,ソ連のマイクロ波通信を「盗聴」することを目的としたものである。マイクロ波通信は,基本的には2点間を結ぶ通信システムで,他の方向には電波が広がらないから傍受は不可能なはずである。しかし,ごくわずかな電波エネルギーがサイドローブとして漏れて広がる。このエネルギーを収集した信号を地上に伝送して,分析・解読する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android