電子比熱(読み)でんしひねつ(英語表記)specific heat of electron

世界大百科事典 第2版の解説

でんしひねつ【電子比熱 specific heat of electron】

金属の極低温における比熱は実測によればT3に比例する部分とTに比例する部分の和になる(Tは絶対温度)。前者は格子振動による比熱であり,後者は金属に特有な伝導電子に由来するもので,これを電子比熱と呼ぶ。フェルミ縮退した伝導電子のうち,熱的に励起されるのはフェルミ準位をはさんでkBT程度のエネルギー幅の中にあるものだけであるので,エントロピーはTに比例し,その結果比熱もTに比例する(kBボルツマン定数)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android